ミネラルファンデーションの化粧直しとはどんな感じでしょうか

ミネラルファンデーションは、パウダー状なのでつけたら皮脂や汗と混ざってクリーム化します。

そのため、化粧崩れはしにくいといわれています。

ですが、長時間外出していると崩れることもあります。

化粧が崩れてシミやしわが気になってきたらスポンジやパフでその部分を補修します。

全体を化粧直ししようとして、重ねづけをするとナチュラル仕上げになっているのが台無しになってしまうので部分的に直すのがコツです。

ブラシは、パウダーが飛び散ったりするので持ち歩くのにあまり適していないかもしれません。

なので、スポンジかパフで補修しています。

ちなみに、乳液をつけると肌になじみやすいです。

直し方としては、化粧が崩れた部分に乳液を付けます。

乳液をスポンジやパフなどで軽く拭き取り、肌になじませます。

そのあと、ミネラルファンデーションをはたいていきます。

この時の注意点は、化粧崩れしていない場所とのパウダーの付き方が同じくらいか少ないくらいにすることです。

塗りすぎると、そこだけ目立ってしまうので注意しています。


Comments are closed.