ミネラルファンデーションの気になる成分とはどんなものでしょう

ミネラルファンデーションの代表的な成分はマイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄ですが、どんなものなのでしょうか。

まずはマイカです。

日本名は雲母といいます。

マイカの粉末が光に反射してキラキラして見えることから、古くはきら、きららとも呼ばれていました。

マイカを使用することで、感触が向上し光沢感がアップします。

酸化チタンは、白い絵具や塗料、顔料などにも使用されています。

また、抗菌素材に使われたり水処理技術の中にも採用されているものです。

可視光線を吸収しないので、日焼け止めになるようです。

酸化亜鉛は、医療品にも使用されています。

皮膚の炎症を抑える消炎作用があります。

また、昔はおしろいでも使われていました。

紫外線に対して遮断効果があるので、酸化チタンとのダブル作用の日焼け止めです。

最後に酸化鉄です。

陶器などを作る際に使用する釉薬や、防錆塗料や鉄製工具の被膜にも使用されています。

ミネラルファンデーションでは、着色料としてのポジションを得ています。

このように見てみると、化粧品だけでなくほかでも活躍しているミネラル。

そんなミネラルを従えたミネラルファンデーションが、どのように自分をきれいにする手助けをしてくれるか知るのも面白いです。


Comments are closed.